いきものがたり

海水ネタが大部分ですが、淡水魚、爬虫類、犬、鳥、小動物ネタもたまに・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

飼育ケース変更

飼育ケースが狭くてメンテしにくいので、一回り大きいレプロ340に変更した。
今回は、飼育ケースの作り方を紹介する。

セオリー通り、水はけを良くするために中粒軽石を敷き、その上にパームマットを敷いた。

水抜き用にエンビパイプをカットする。水が通るように切り込みを数か所入れる。
一回り細いエンビパイプで1cm程短い同じ物も作っておくと良い。

20120528-01.jpg

園芸用品の鉢底ネットを飼育ケースの底面サイズにカッドする。
一枚では足りなかったので継ぎ足しになってしまった。
水抜き用の塩ビパイプを通す穴を空けておく。

20120528-02.jpg

水抜き用の塩ビパイプを、切り込みを入れた方を下にして置き、中粒軽石を敷きつめる。

20120528-03.jpg

軽石の上にネットを敷く。
水抜き用のエンビパイプにカエルが落ちないようにマットを詰める。
この時にマットが沈み込まないように、一回り小さいエンビパイプで作った物を中に入れておく。(2重管にする感じで)

20120528-04.jpg

ネットの上にパームマットを敷く。
予め水を馴染ませておくと良い。

20120528-05.jpg

飼育ケースの後ろの方を厚めに敷いて、傾斜を作るとレイアウトしやすい。
写真は飼育ケースの左側から撮ったもの。

20120528-06.jpg

流木、石、植物でレイアウトする。植物が成長して窮屈にならないように、隙間をあけて植える。
左奥に高台を作って2段になるようにパームマットを敷き、段になるところに石を置いて崩れないようにした。
産卵床用のヤシの実シェルター、水場を設置。水場はメンテしやすいように、一番手前に置いた。

20120528-07.jpg

奥の方の植物が育って、感じが良くなることに期待。

今回は、バックウォールは使用しなかった。理由は・・・
・飼育ケースが小型だから(バックウォールで狭くならないように)
・コオロギがバックウォールを上って、ケースの網蓋から脱走しないように
このケースの住人は、ベントリヤドクガエルのブラックウォーターが1ペアと、ボーシャリッジ が1ペアの計4匹。
住人の写真はいずれ・・・
スポンサーサイト

« バイオペレットリアクター設置|Top|濾過槽の大掃除 »

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://animalstory.blog.fc2.com/tb.php/7-28bb7d85

Top

HOME

朝陽

Author:朝陽
色々な動物と暮らしてます。

2012/05/28にYahooブログから引っ越しました。

応援(ポチっと)お願いします。

2012/05/28にYahooブログから引っ越しました。 引っ越し後の訪問者数です。

[ジャンルランキング]
ペット
6229位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
162位
アクセスランキングを見る>>

この人とブロともになる

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。